気ままにブログを更新して思ったこと

徒然なるままにブログを更新して思ったことは、やっぱり徒然なるままにブログを更新してもアクセスは上がらないということである。はてなブログには読者登録機能があるが、読者も今のところ2人だし、普通の日記形式のブログで読者がたくさんいる人ってすごいな。そういう人はほんの一握りの人間なんだろうなって。

だから、ブログの魅力を上げるためにはなにかしら特化させることが必要なのかもしれない。僕のブログはPTAや音楽などなどジャンルがバラバラなのだ。

もうすぐで累計アクセスが1万いくのは嬉しいことだが、これを収益の柱にするのはなかなか難しいだろう。

たまにアマゾンのアフィリエイトを貼ったりするが、現在のところ儲かったのは14円だ。誰かがホリエモンの本(中古)を買ったみたい。アマゾンの本のアフィリエイトで生活しようと思ったら一体何冊売らなければいけないのかと。

ってことはホリエモンに特化したブログ(実はある)の方をがんばった方が稼げるのかもね。ホリエモンのことばっかり書くの。けど僕は彼の有料メルマガをやめたし、HIU(ホリエモン大学校)にも入っていないし、堀江本もどんどん捨てていっている。新書の「他動力」も買っていない。近くの本屋さんで見かけてパラパラ開いて、あーまた同じこと言ってるなーって思って本をそっと戻した。

神田昌典を否定して、最終的に彼やその弟子の勝間和代と同じことして稼いでるじゃんって。

youtubeチャンネルの再生回数1000突破

4月中旬から開設した僕のyoutubeチャンネルが2か月弱で累計再生回数1000を超えた。

パチパチパチ。

累計1万いかないと収益が発生しない(広告が表示されない)のであと9000再生がんばらなければならないが、単純計算だとあと18か月かかる。1年半・・。2018年の冬・・。

そこを何とか年内には1万いってぽつぽつ収益が発生すればいいのだが、さらに動画を増やさなければならない。しかし、音楽系youtuberの難点というか、毎日カバー曲を1曲更新するのは至難の業というか不可能に近い。

2か月で5動画ということは、1動画あたり2週間弱かかっているとな。

あと楽譜代がかかるので、赤字がだいぶ続くかと。なにかイノベーションを起こさないとyoutuberの道は厳しいだろう。ギターとかベースを教える動画とかもアップしようかな。

まぁ年内まではぽつぽつとカバー動画をアップしていきたい。

なんし目標は1日1万アクセスなのでね・・。界王拳588倍くらいしなきゃ。

エレキギターのライン録りの音痩せを何とかする!

好きなバンドの曲をカバーしてyoutubeに動画アップして収入を得ようとしている僕ちん。

エレキギターは友人から譲ってもらったグレッチセミアコっぽいボディに空洞が空いてるギターを使用して録音しているが、シールドを直接オーディオインターフェースに繋いでいるので、どうしても音がしょぼい。。録音後にCubaseのアンプシュミレーターを使えばそこそこエレキっぽい音にはなるのだが、録音時に全くテンションが上がらないし、やっぱりデジタルっぽい冷たい音だと思う。

この音痩せ問題を解決するにはアンプを買ってマイク録りがベストなんだろうけど、なんせ自宅で防音もしていない部屋だと近所迷惑かと。しかもマイク録りはやっぱりめんどくさい。

ということでアンプのヘッドだけをオークションで入札中、まぁこれが落札されたら、「Dummybox DB60-HOME」というやつを購入しようと思う。これはアンプヘッドから直接オーディオインターフェースに繋げることができるものらしい。ていうか、VOXのアンプヘッドにライン録り用の出力が付いていれば問題ないけどね。

この方法であれば騒音も気にする必要もないし、面倒なマイク録りもしなくていいし、なによりライン録りの音痩せも解消される!

さて、ヤフオクで入札しているアンプヘッドが見事落札されるかどうかだな。

けどやっぱこれがいいなぁ。

おっすオラエログ作る!

ついに眠れる獅子を呼び醒ます時が来たか・・

なかなかこのブログもアクセスが上がらず(1日平均50行かない)、収入につながらない(というか収益メインで考えていない・・!)ので、ダイレクトに収益に繋がることをしていきたいと思う。そろそろ余裕が無くなってきた。いつまでたっても僕は夏休みの宿題をギリギリになってやりきれないタイプなのだ。

ということで、18禁のチャットサイトみたいなやつの情報サイトを発展させて(現在アクセスがほぼなし・・)、目標としては1日500アクセスは欲しいかな。これくらいあったら、数万円のアフィリエイト収入にはなりそうな気が勝手にしている。

そして関連するサイトとしてそこらへんにアップされまくっているエロ動画の直リンクをある程度セレクトして紹介するサイトをPHPフレームワークを使って作成してみたいと思う。

PHPフレームワークだが、最初はCodeigniterを使っていて、その流れでFuelPHPというフレームワークを勉強して使えるようになったのだが、いかんせん求人案件が少ないのよ・・。かといってCakePHPはなんか嫌なので、Symfony3を使おうかと。もしくはRuby on RailsとかPythonDjangoとかにしようかと。けど言語をまたイチから勉強しなくてはいけないというところでもどかしいところ。うーん。

まぁワードプレスとかではなくて、自分でシステムを構築したいと思う。WPはセキュリティリスクが多き過ぎるし、プロでプログラマーをしている自分がWPというのはどうかと思うので。あと、フレキシビリティも考慮して。

まずは既存の大手エログがどういう感じなのかを見てみる。まぁ、日ごろよく見ているので、今更見る必要もないかもだけど、違う角度から見てみる。

資本主義の敗北?

最近の技術の進歩は過去にないほど激しい。その起因となっているのが、インターネットの普及である。そしてインターネットにある特有の文化である「オープンソース」の概念である。オープンソースとは、お金目的ではなく(おそらく)、自分の作ったプログラムをネット上に公開し、みんな平等にそのプログラムを無料で利用することができるエコシステムである。GitHubというサイトにはものすごい勢いでハイクオリティなプログラムが無償公開されている。

そしてこのオープンソースによってさまざまな技術が生まれた。最初はLinuxというOS。これがサーバを支えている。そして今ではスマホも支えている(AndroidLinuxをベースに作られている)。まぁGoogleは思いっきり営利企業だけどその根底にはオープンソースがあるわけだ。

そして金融においてもブロックチェーン技術というものが出て、ビットコインやイーサリアムという仮想通貨が出てきた。これが今の銀行や契約系の仕事を脅かしている。

そしてディープラーニングをはじめとするAI技術。このディープラーニングGoogleなどがオープンソースで誰でも使えるようになっている。

つまり、お金目的で人が活動するよりも、お金目的でない活動の方が優れた技術を生み、社会は高度に発展していくということである。

なんとなくオープンイノベーションによって資本主義が終焉を迎えるのかもね。

僕的にはうれしい。

お願い資本主義早く終わって・・。

少子化対策として僕が出来ること

先日ピックアップした少子化対策案を検討して、今回、自分にできるかできないかを決める。

結果として以下の項目を実行することとする。

・セックスを推奨する。
・金持ちの既婚男性が若い女の子と愛し合うことを国民が認める。
・若い男女の出会いの機会を増やす。(婚活パーティなど)

上記3項目については、今後具体的にどのようなことをするかを決める。

以下の項目については、そういう政策を掲げる政治家に投票する。

・税金を上げて、子育てに回す。
保育園を義務化・無料化する。
こども保険を実現する。(こども保険とは働く人や企業の社会保険料を引き上げ、子育て世帯に支給する制度)
若者の収入を安定させる。(経済的不安をなくす)
ベーシックインカムを導入する
行政コストの削減
子ども一人につき子ども手当を月に10万円支給する

以下、各項目に対する判断とその理由。

○1.セックスを推奨する。
→下ネタは好きなので、セックスを推奨することはできると思う。

×2一夫多妻制を導入する。
日本の倫理観の強さから一夫多妻制の実現はいかに協力な政治力をもってしても不可能だと思うので、スルー。とても理にかなった、すごくいい案だけど・・。

×3.女性の社会進出をやめる。
→時代に逆行してしまうしフェミニストとかウーマンリブ活動をしている女性にめっちゃ怒られそうなのでスルー。

△4.税金を上げて、子育てに回す。
→結局お金だと思うので賛成。ただ自分は政治家になるつもりはないし、なれる実現可能性がほぼゼロなので、こういう政策をメインにしている政党とか政治家に投票するという行動とする。

△5.保育園を義務化・無料化する。
→4と同じ理由。

◎6.金持ちの既婚男性が若い女の子と愛し合うことを国民が認める。
→本当

×7.SMAPメンバーは全員結婚する。
→自分には不可能なのでスルー

△8.こども保険を実現する。(こども保険とは働く人や企業の社会保険料を引き上げ、子育て世帯に支給する制度)
→4と同じ理由。

△9.若者の収入を安定させる。(経済的不安をなくす)
→4と同じ理由。

○10.若い男女の出会いの機会を増やす。(婚活パーティなど)
→当ブログで、どのような婚活の手段、イベント、サービスがあるのかを調査して記事にすることは可能。

△11.ベーシックインカムを導入する
→4と同じ理由。

△12.行政コストの削減
→4と同じ理由。

×13.コンドームの販売を禁止する
→避妊具はエイズなどの病気を防ぐ効果や、明るい家族計画もあるため販売禁止は実現不可能。

△14.子ども一人につき子ども手当を月に10万円支給する
→4と同じ理由。

×15.18歳になったら親と別居を義務づける
→親と同居するか別居するかは本人の判断なのでスルー。

×16.母親に会社で働いてもらう。(共働きを増やす)
→各家庭の経済事情や価値観によるためスルー。

わが子を高校へ進学させないという選択肢

高卒という学歴はほぼ価値がない。でも今だに大卒って価値あるよね(不本意だけど)。ほんで大学って高校に行かなくても、大検に受かれば行ける。だから高校はスキップできるんだ。

しかも高校は義務教育じゃないから親は行かせる義務がない。

そして大学はお金がかかる。奨学金制度もあるが、借金に頼りすぎるのはよくない、自己資金があればそれにこしたことはない。けど、自己資金だけで子供を大学に通わせることはほぼ不可能だ。経済レベル低い女子大生は風俗でバイトして授業料を稼いでいるらしいが、そんなことを娘に絶対させたくない。

なので、高校に行かない3年間で子供にバイトしてもらって、自分のお小遣いを稼いでもらう。親はその3年間で、高校にかかるお金を貯金しておく。

これは道理にかなった方法。

だから、子供がまだ小学生のうちから「高校に行かなくていいからね」と洗脳する。特に、朝「学校に行きたくない」と泣いている時に言う。「中学校卒業したらもう学校に行かなくていいからね」と。宿題が嫌で泣いている時に言う。「中学校卒業したらもう宿題しなくていいからね」と。

一番の抵抗勢力は奥さん。だから奥さんにも長い年月をかけて説明していく。その方がみんな絶対に幸せになれるから、3人とも大学に行かせることだってできるんだ。

中学校を卒業したら高校に行くもんなんだ、高校を卒業したら大学に行くもんなんだ、と何も考えずに生きるより、高校に行かずにバイトして、必要があれば大学に進む方が絶対にいいはず。

コツコツ頑張っていきたい。