読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pythonの勉強を始める

PHPを初めて学習したのが、たしか大学4年生くらいだったと思う。今から15年くらい前の話だ。当時はホームページ上で動的なプログラムを書こうと思えばPerlを使っていたのだが、そこにPHPが登場した。Perlに比べてかなりコード量が少なく済んだ。

そして、この趣味が現在の仕事の主流になっている。現在では仕事のすべてがPHPだ。その後、PHPフレームワークというのができて、それを使って仕事している。

でも、最近PHPの限界というか、ウェブサイトとしてのウェブアプリケーションの限界を感じつつある。これからは普通のウェブアプリケーションというよりも、ディープラーニング(深層学習)とか、IoTの時代なんだと思う。

そう考えた時に、まぁもちろんPHPでもディープラーニングができるらしいが、IoTはさすがに無理っしょ。そしてこれら二つの新技術に対応できるのがPythonなんだと思う。これを勉強し始めることにした。

とりあえず最初はPythonを自分のPCにインストールした。そして公式の英語ドキュメントを読みながら少しずつ進めていこうと思う。

なんかマンネリというか。現状打破したい気がしているので。

もしかしたら先にSwiftとかJAVAとかでアプリを作った方がいいのかもしれないし、そもそもJAVAが使えたらもういいのではというのもあるし、いやまだまだPHPのこと全然知りませんやんっていうのもあるし、Linuxのこともっと勉強せーよという気持ちもあるんだけどね。

なんしかインターネットにまつわる仕事というのは、参入障壁が無さ過ぎて、自由過ぎて、平等過ぎて、なんや訳分かりませんわ。

Pythonで僕はいったい何をしたいんだろうね。自分でも分からん。

ディープラーニングの技術を使ってやりたいことは「自分が芸能人の誰に似ているのかを教えてくれるアプリ」を作りたい。すでにそういうアプリはあるそうなのだが、全然当たらないみたいなので。

「デジタル資産」という神話

「資産性」という言葉がある。これを初めて聞いたのは、大阪市塚本駅の近くに賃貸で暮らしていた時に、その近くにマンションの販売をしている会社があって、モデルルームを見せてもらった時である。

営業の人から「資産性を重視してマンションを購入するのはアリですよ。」と言われた。彼曰く塚本駅大阪駅まで1駅で、今後大阪駅はものすごく開発が進むと、(実際ものすごく開発が進んでいる・・!)なのでそこから1駅の塚本駅のマンションはこれから価値が上がると。

まぁ、マンションなどの不動産は分かりやすい、目に見える有形固定資産だが、デジタル資産というのもある。これはyoutube動画やブログ記事などである。

しかしデジタル資産というのは、資産とは言えないのかもしれない、と最近思いだした。大きな理由としては、不動産などの有形固定資産は有限であるのに対して、動画やブログ、サイトなどのデジタル資産は無限に増えていくということ。

基本的に価値というのは希少価値であって、数が限られているから価値が上がるわけなのに、ブログや動画は毎日ものすごい勢いで増えているので、1動画、1ブログあたりの価値は毎日下がっているということになる。

ユーチューバーも動画をたくさん持っているという意味では「資産家」ともいえるのだが、稼いでいるユーチューバーは揃って「毎日○時に更新!」とかを謳っている。つまり彼らは「資産家」というよりも「労働者」なのだ。デジタル資産は資産なのかもしれないけど、限りなく資産性の低い資産なのかなって。

デジタル資産というのはコンテンツよりもプラットフォームがそうなのかもね。FacebookとかYoutube(サイトとしての)が本当のデジタル資産なのであってコンテンツは労働なのかもね。テレビ局と映像制作会社みたいなもんか。

とまぁ、ユーチューブやブログで全然マネタイズできてないので、愚痴を言ってみた。

ブログは1日平均50アクセス。youtubeの音楽チャンネルは累計500ちょい。資産形成に焦りは禁物。資産はゆっくり育てるもの。焦って対価を得ようとする人は労働者にしかなれないのである。ワッハッハ~。

はぁ・・。

youtubeの策略

youtubeの策略が分かった(極私的に)。

ほんの一握りの人気youtuberをTV番組などで大々的に取り上げて、youtube内でも優先的にピックアップしといて、子供に夢を持たせといて、子供自身もyoutuberを目指させる。(子供だけでなく僕も目指してしまっている・・)

実際は一般ピープルが動画をアップしたところで全く視聴数が上がらず、しょぼい金額しか稼げない。1視聴0.1円はほんとに低単価。(今の僕がそうだ・・)

youtubeで生活していくには1日5万~10万再生が必要で、これは一般人には不可能なレベル。(10年かかってやっと1日1万再生いくかと・・)

夢の代償はでかい。

この夢を餌にして弱者(=僕)が釣られるループはなんとかならんもんかね。。

やっと音楽チャンネルにチャンネル登録があった

やっと僕の音楽系youtubeチャンネルに登録があった。

登録者はおそらく日本人ではなさそう。というのもコメントが英語だったから。なんかグローバル社会に仲間入りしたみたいで結構うれしかったりする。コメントも「your cover's really good」とのことで、自分にとってはものすごく大きな一歩だと思う。

自分の好きな曲を演奏したり、歌ったりして、それを海外の人に見てもらって、少しでも感動してもらえるということ。これ以上欲しいものはないのである。人類が月面着陸した時の1歩に等しい。

グローバル社会は何が起こるか分からないというか、僕は日本のロックファンの人に見てもらって、評価してもらえたらと思っていたが、日本ロックが好きな海外の人もいるんだなぁと。おそらくback numberファンが僕のカバー曲を見てもあまり感動はないのかもしれない。そういうこともあって、最初に低評価がついたのだろう。

新しいニーズを発見することができてよかった。

これからの新しい生き方として「好きなことで生きていく」というのがあるが、正直なところ現実はそう簡単ではない。けれど、ほんの一歩づつでも好きなことで生きていける社会のために、少し自分の時間を使えたらと思う。

武力による争いがないことや、ロケット爆弾が飛んでこないという意味では僕たちは平和なのかもしれないけど、イジメとかブラック企業問題とか、長時間労働とか、過労死が平和とは絶対に言えない。本当の平和とは好きなことで生きていける社会だと思う。

たった一人しか登録者はいないけど、ゼロをイチにできたことは正直に嬉しい。これからも継続的に動画をアップしていきたいと思った。

「パパ活」とは何か

www.youtube.com

パパ活」というキーワードをたまたま聞いた。パパ活とは肉体関係メインの援助交際とは違って、デートしたりご飯を一緒に食べにいってくれるオジサン男性を探す活動のことを言うらしい。

パパ活女子のニーズとしては、もっといい生活がしたい、お金が足りない、年上のオジサンとデートしたい、ということ。ただし、お金を貰えなければデートしない、ということで、メインの目的はお金である

オジサン男性のニーズとしては、普段話すことのない若くてかわいい女の子と一緒にデートしたり食事をしたい、あわよくば肉体関係を持ちたいということ。つまりセックスしたいということだろう。

つまりは、お金とセックスってこと。

上記の動画ではパパ活女子から「ユニバースクラブ(https://universe-club.jp/)」というキーワードがあったが、こういうデートクラブ、交際クラブに登録すると、パパ活女子に出会えるらしい。

最近ではパパ活に特化した「paters(ペイターズ)」というアプリもあるらしい。名前から推測すると「pairs(ペアーズ)」みたいになりたいのだろう。

paters.jp

つまりは、恋愛のダイバーシティということなのだろう。あとは貧困女子の増加というところ。結婚して一人の相手と一生過ごすという古くから現在に続く慣習への息苦しさのソリューションとも言える。

不倫においても、肉体関係のない「セカンドパートナー」という言葉が出てきているそう。

ただ、「パパ活」という言葉は思いっきり女性の意志を感じる言葉なので女性の積極性と最近の若い男性の消極性を匂わせる言葉でもある。

好機と見た!

経費削減

フリーランスプログラマーの仕事を始めて2年弱が経った。最初の頃からある程度経費を使って投資してきたが、特に収益が上がらなくて月々かかっている無駄な経費をカットしていこうと思う。

例えばさくらサーバのVPSなんかは、全然使ってないし、たまに「こういうサービス作ろうかなー、その時のためにおいとこっと。」と思ったままずっと放置だったりするので、思い切って解約。

プログラミング学習サイトも全く収益は上がっていないが、レンタルサーバ代は月500円なので継続。レッスン動画をホスティングするために有料動画ホスティングサービス(Vimeo)の方は解約する。解約すると実質このプログラミング学習サイトでの課金はできなくなるが、これも結果を見て、1円にもなっていないため、思い切ってカット。

今後の予定としては、youtubeチャンネルでレッスン動画を無料アップして、ある程度盛り上がったら、また復活させようと思う。この動画サービスの解約で大体月1,600円くらい節約になる。

公序良俗をせめぎあう系のサイトも発展させる予定なので、このVPSサーバは継続としておく、月1058円。GMOクラウドVPS

当然のことながら収益になっているサイト群のホスティングサーバは継続。エックスサーバ。

その他、使用予定だけど放置しているドメインとか、諸々カット。

アドビのクリエイティブクラウド(月3500円程度)は額が大きい割に全く収益を生んでいないが、解約するには1年間の金額の50%が違約金としてかかるので泣く泣く継続。これが終わったあとは動画編集ソフト「Premire Pro CC」のみのサブスクリプションにする予定。フォトショップは無料のCS2を使う。Premire CS2もあるんだったら検討だね。

小さく初めて、大きく育てる、って感じで。

まともなジャンルで自分で考えたサービスというのを収益化するのってすごい難しいのね。眠れる獅子を呼び覚ます時なのかな。

ユーチューバーについて色々

ユーチューバーを取り上げたテレビ番組が最近よく放送されているが先日また出ていて、自分もユーチューバーを目指しているので気になってピックアップ。

放送された番組はこちら。

www.youtube.com

ユーチューバーとは「youtubeに動画を投稿してお金を稼いでいる人」とのことを言うらしい(諸説あり)。

ユーチューバーが稼げる仕組み

投稿した動画をユーザーが視聴したときに画面の下に広告が表示される。視聴1回につき0.05円~0.2円ほどらしい。

つまりはテレビ番組と稼ぐ仕組みは同じである。テレビも無料で見れる。テレビの収益源は番組の間に流されるテレビCMである。

どういう動画が人気なのか

世の中の様々な疑問を実験・検証してみる動画。ユーザーからのリクエストに答える動画もある。

ヒカルさんの例では「自販機はいくら使うと全部売り切れるのか?」「祭りの屋台のクジを全部買ったら特賞は当たるのか?」「宝くじを100万円分買ったらどれくらい当たるのか?」「東京から関西までタクシーでいくらかかるか?」などである。テレビで言うと探偵ナイトスクープの激しいバージョンという感じ。

ゲーム機を父親にハンマーで壊される動画が海外でバズったらしい。

問題点

youtube動画の魅力は「企業やスポンサーがつかずに自由奔放」な点だが、人気ユーチューバーに企業やスポンサーがつくとテレビ的になる。テレビ的とはつまりスポンサー企業をヨイショしたり、コンプライアンスによって発言や行動に制限がかかることによって動画がつまらなくなってくる。

また、注目を集める動画が視聴数を稼ぎ、収益につながるので、法律的にグレイな動画、低俗な動画が氾濫し、それを見る人にも伝播し、違法行為の増加や、一般庶民のモラルの低下が懸念される。

ユーチューバーのメリット

・年齢に関係なく(?)誰でも簡単に始められる。元でがかからない。

・有名になれば結構稼げる。

・引きこもり等の解消につながる。

ユーチューバーのデメリット

・住所を特定されていたずら、嫌がらせされる場合がある。

感想

僕がユーチューバーを目指そうと思った理由は、自分の子供が3DSyoutubeばっかり見ているからである。子供の頃についた習慣というのはなかなか変わることはない(マクドナルドはこの戦略)。僕らの時代は「テレビっ子」だったが、今の子供は「youtubeっ子(=つべっ子)」と言える。

そもそもインターネットって「偏っていて、つまらないテレビ」に対抗する存在だったと思うのだが、youtubeの盛り上がりを見ているとテレビの特性をさらに強化した、劣化させた存在になってしまっているのが残念。

結局インターネットもテレビもメディア(媒体)であって、配信するのも、それを見るのも「人」であって、「人」ってなかなか変わらないので、メディアがどう変わっても、本質は何も変わらないのかなって。

メディアが人を変えるのか、人がメディアを変えるのか。